デイサービスセンター


デイサービスセンター(通所介護施設)とは?

代表写真

65歳以上で、身体上、または精神上の障害があるため、日常生活を営むのに支障がある人などが日中通い、入浴や 食事、機能訓練、介護方法の指導などを提供することを目的とする施設です。また、健康チェックや日常生活動作 (ADL)訓練、生活指導、レクリエーション、アクティビティなどのサービスを行っています。設置主体は社会福祉法人や市町村などで、介護保険の通所介護の多くは、単独もしくは入居施設(特別養護老人ホーム サービス付高齢者住宅 有料老人ホーム)の併設施設などで提供されています。

デイサービスセンターの過ごし方

 朝 ご自宅まで車でお迎えにあがります。デイサービスに到着後血圧や体温を計ります(今日の様子や昨日の様子もお聞きします)。ゆっくりとしていただいた後、能力に応じた機能訓練やレクレーションをしていただいたり、水圧マッサージやオイルマッサージで心身ともリラックスされたり、入浴を行っていただきます。昼食後は利用者様全員による機能訓練、レクレーションを行い、おやつを召し上がっていただいた後、帰宅の準備に入ります。順番にご自宅までお送りいたします。

デイサービスセンターの利用申し込み

デイサービスセンター利用時のサービス費用

 

通所介護施設(デイサービスセンター)の利用費はサービス提供費(利用される方の介護度+施設の規模+利用時間)と食事代(主に昼食)がかかります。また、施設での入浴や機能訓練に際し、職員の介助が必要な場合は各々加算が追加されます。施設で物を作ったり、衛生用品を使用された場合にもその物品費の費用がかかります。
ご利用費用の詳細については、利用契約時に問い合わせください。


通所介護施設(デイサービスセンター)を利用するまでの流れ

介護認定されている方を対象にしている施設です(介護認定を受けていない場合は本ホームページの居宅介護支援事業所を参照してください)。担当のケアマネージャにサービスの利用を相談してください。
通所介護施設の見学、体験も受け付けておりますのでお問い合わせください。
利用に際しては利用契約が必要になります。また、利用に際してのご利用計画や利用スケージュールを作成していきます。

サービス提供費用

小規模通所介護施設(定員18名以下)については、2016年4月に地域密着型に移行完了しており、原則として同じ市町村内に住まれている方が対象となります。また介護度が支援の方も同様に同じ市町村に存在する施設を利用頂くことになります。詳しくは最寄りの市町村担当課かケアマネージャに問い合わせください。

通所介護施設 介護報酬負担額

  通所型サービス(地域密着)介護報酬負担額
支援1        1,655円/月
支援2        3,393円/月
  通常規模 通所介護施設 介護報酬負担額
  (7時間以上8時間未満で利用の場合)
要介護1         648円/日
要介護2         765円/日
要介護3         887円/日
要介護4        1,008円/日
要介護5        1,130円/日

介護保険 1割負担の場合です(介護保険証 負担割合により異なります)。
また、利用時間や施設の規模により利用料金は異なります
厚生労働省「介護報酬の算定構造」(2019年10月現在)に基づいて計算しています。
食事代(昼食 夕食(延長時対応)おやつなど)。入浴 衛生用品、アクティビティ費
などの加算費やレクレーションでの費用は含まれていません。

 

  

施設紹介