有料老人ホーム

有料老人ホームとは

代表写真

有料老人ホームとは高齢者が暮らしやすいように配慮された「住まい」で、食事サービス、介護サービス(入浴・排泄・食事など)、洗濯・掃除などの家事援助、健康管理のいずれかが受けられます。介護サービス利用法の違いにより、「介護付」「住宅型」「健康型」の3つのタイプに分かれます。「介護付有料老人ホーム」は、介護が必要になれば、施設の介護スタッフによって介護サービスが提供される高齢者向けの居住施設です。「住宅型有料老人ホーム」は、介護が必要になれば、介護サービス事業者と別途契約が必要になります。「健康型有料老人ホーム」は、介護が必要になると退去しなければなりません。
入居条件としては、介護を必要とせず、自立しているうちから入れる施設と、介護が必要になってから入れる施設があり、ご自分のライフスタイルや、受けたい介護サービスに合わせて、多種多様な価格帯やサービス提供方法の中から選ぶことができます。

住宅型有料老人ホーム

 施設スタッフによる食事サービスや生活支援サービス(居室の掃除、洗濯、買い物など)などが受けられる老人ホーム。元気なうちから入居でき、家事負担などを減らし、安心した暮らしができる。介護サービスを受ける場合は、外部の事業者(多くの場合、建物内に併設)と契約することになり、居宅介護支援事業所(ケアマネジャー)と調整の上、必要とする介護サービスが受けられる。ただし、要介護度が上がると介護保険の支給限度額の上限を超え、自己負担が高額になる場合がある。
弊社住宅型有料老人ホームでは、介護が必要なご入居者様への介護保険サービスを担当する居宅介護支援事業所(ケアマネジャー)及び通所介護事業所と連携・調整して、介護保険の支給限度額の範囲内で介護サービスを受けていただけるよう努めております。

施設案内

  住宅型有料老人ホーム 草花木果(そうかもっか)